スクリーンショット 2021-02-05 20.11.15
アルバム名 魂リク  
アーティスト 福山雅治
リリース   2015年

福山雅治のギターの弾き語りによるカヴァー・アルバムだが、どうしてもミヤジのカヴァーアルバムと比較してしまう。2015年3月、15年間続いたニッポン放送「福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル "魂のラジオ" 」から福山雅治に歌って欲しい名曲を紹介する番組内の人気リクエストコーナー「魂のリクエスト」から選ばれた曲をCD化したもの。福山雅治自身がギター弾き、歌うシンプルなもの。
「福山の家に遊びにいって、ゴロゴロしながら漫画本を読んでいたら、隣で奴がギター抱えて歌い始めたよ。」って、感じ。収録曲はこんな。

1. 銭形平次
2. 元気を出して
3. 長崎は今日も雨だった
4. 心の旅
5. チェリー
6. 糸
7. コーヒールンバ
8. Raining      
9. 雨やどり       
10. ZOO         
11. さらばシベリア鉄道
12. 12月         
13. Midnight Blue Train  

3曲目の「長崎は今日も雨だった」は、長崎出身だから納得だけど、なんかもうひと捻り欲しいよな。7曲目の「コーヒールンバ」は井上陽水のカバーアルバムでも収録されていたが、これも陽水の勝ち!浜省の曲が最後というのが意外だった。他のアーティストの曲をカバーしたアルバムはこれまでもたくさんリリースされているが、そのほとんどがとても「新鮮」に聴こえるものだが、このアルバムだけはその「新鮮さ」がまったく感じられない。なぜだろう?ギターの弾き語りが単調すぎる?声に魅力がない?声質の問題?まぁ、どうでもいいけど、リストカットを題材にしたCoccoの「Raining」はいただけない。選曲ミスなのでは? ファンには申し訳けないがこのアルバムはごめんなさいかも。