スクリーンショット 2021-02-05 6.24.44
アルバム名 POWER  
アーティスト 羊文学
リリース   2020年

ガールズバンドと言えば、古くはプリプリ、SHOW-YA、最近ではチャットモンキー(ちょっと古いか💦)とかSHISHAMOなどが思い浮かぶが、最近、ギターサウンドの特価したバンドといえば、この「羊文学」だろう。ギターサウンドがメインなバンドは数多くあるが、自分のなかで「ギターバンド」の定義があるわけで、その定義にピッタリはまったのがこのバンドなわけだ。まずは3ピースバンドであること(もしくはツインギターをウリにしていること)、ベーシストがもとギタリストだということ。バンドのメインである塩塚モエカは現在24歳というから、ファーストEPをリリースした2018年は二十歳!!!アルバムジャケットの制服は出身校のものらしい。2019年の芸大の「藝祭」に招かれたときの動画をみたが、なかなか堂々としたオリジナリティーの演奏だった。ムスタングとジャズコの組み合わせでその良さを引き出したサウンドもなかなかだった。ガールズバンドにありがちな、あっち路線もまったくなし、キャッチーな売れ線に走ることもなく、我が道を行くスタイルにこれまでにないガールズバンドの魅了を感じた1枚。このバンドは「ガールズバンド」というカテゴリで括るのはもったいないバンドかものしれない。