「氷の世界」井上陽水(1973年)

40 井上いよいよ40位まできました。井上陽水の名盤「氷の世界」です。スタジオ録音盤としては3枚になります。LIVE盤「もどり道」も最高傑作だと思っていますが、何故かiTunesに入っていないため、ランク外となってしまいました。モップスの星勝がアレンジを担当したアルバムの中でも代表的な1枚だと思います。アルバムタイトル曲の「氷の世界」はファンキーなキーボードのリフ、リズミカルな女声コーラスやホーンセクション、さらにはブルースハープが加わり見事なまでに盛り上げています。忌野清志郎との共作「帰れない二人」も名バラードです。この曲を聴いていると歌詞に書かれている情景が頭の中でまるで映画のように映し出されます。その他「自己嫌悪」「小春おばさん」など井上陽水の代表曲がびっしり詰まった1枚です。

「窓(Windows)の外ではリンゴ(Apple)売り」
マイクロソフト社とアップル社の関係を予言しているかのような歌詞は最高です!!